解体作業でお宝発見

出会えて良かった!スマホ対応! > 解体 > 解体作業でお宝発見

解体作業でお宝発見

2016年11月 4日(金曜日) テーマ:

我が家で部分リフォームと増築の為一部解体となりました。

その為に室内の物をあれこれと片付け、箪笥や家具やら大移動です。

主に祖母の使ってた部屋が解体になったのですが、祖母はリアル戦中の人で、戦後の物が無い以前の体験をした人ですから物をどこに寄せてるか解りません。

壁と箪笥の間から袋に入れられた何かとか、どこかの神社のお札が天井から降って来たり同じ家にいて謎だらけでした。

いざ解体して散乱した物を拾うのを手伝いました。

すると昔の通貨、何とか和永とか旧の百円札とかも出て来て挙句には昔買ってすぐ行方不明になった仏像まであって不思議な事にその仏像は傷一つついていない綺麗な状態でした。

私が見つけたのですが、あの時の大人達の驚き様は忘れられません。

解体した物を拾うに当たって、そういう作業に慣れてる人達が何だかんだと切り傷が付くのに子供の私が全くの無傷でした。

「器用なんだな」と作業した人達が言う反面

「仏像がこの子守った」と仏像に手を合わせる祖母

この解体で登場した仏像は守り神として実家に祀られています。

解体工事で起こるトラブルについて